トップページ ≫ 痛風の改善に水をたくさん飲む

痛風の改善に水をたくさん飲む

健康診断などで高尿酸血症と診断されてしまっていたり、痛風になってしまっているのであれば、尿酸値を正常値にしていく必要があります。

 

そのための方法として、生活習慣と食生活を改善していったり、尿酸降下剤を服用していくなどといった方法があるのですが、この他にも手軽に尿酸値を低下させていける方法があります。その方法とは、水分をしっかり補給するというものです。

 

どうして水分補給をすれば尿酸値を低下させることが出来るのか不思議に思った人もいるのではないでしょうか?尿酸というのは、尿と一緒に排出されるものです。

 

しっかり水を飲むことで、それだけ尿を排出することが出来るようになりますから、尿酸も低下させやすくすることが可能になるのです。

 

では、痛風になってしまっている人や、高尿酸血症になっている人の場合、毎日どれくらいの水を飲むようにするべきなのでしょうか?一般的な生活をしている場合、水を毎日1リットル程度飲んでいるのですが、尿と一緒に排出される量も同じくらいです。

 

尿酸が高くなってしまっている場合、毎日尿を2リットル程度出さなくてはならないといわれていますから、毎日2リットル程度の水を飲まなくてはなりません。

 

また、水分であればなんでもいいというわけではありません。スポーツ飲料水やジュース、緑茶やコーヒーなどを飲むのではなく、カフェインが含まれていない麦茶や普通の水を毎日2リットルほど飲まなくてはなりません。

 

ジュースなどで水分補給をした場合、それだけ糖分も摂取してしまうことになりますかr、肥満になりやすくなってしまいますので、尿酸は下げられても、糖尿病などになってしまう可能性が高くなってしまうのです。

 

また、肥満になるほど、痛風になりやすいといわれていますから、肥満にならないようにするためにも、スポーツ飲料水やジュースなどは飲まないようにしたほうが良いのです。緑茶やコーヒーというのは、あまりカロリーが高くないのですが、カフェインが含まれているのでお勧めできません。

 

カフェインには利尿効果があるので、コーヒーなどを大量に飲んでしまうと、水分を補給しているのに、反対に尿として大量の水分が排出されてしまいますので、水分不足になってしまいやすくなるのです。そうなってしまうと、血液中の尿酸濃度が上昇してしまいますから、逆効果になりかねないのです。

Copyright (C) 2016 痛風に効果のあるサプリとは?おすすめはどれ? All Rights Reserved.