トップページ ≫ 痛風は何科に行けばいい?

痛風は何科に行けばいい?

風に触れるだけでも相当痛いといわれている痛風を発症してしまったのであれば、病院で受診をする必要があるわけですが、痛風の場合、何科に受診をするべきなのでしょうか?

 

何科に受診をするべきかというのは、そのときの状況によって違ってきます。
血液検査をしてもらった結果、通常よりも尿酸値が高くなってしまっているのであれば、代謝内科や一般内科でいいるのですが、実際に痛風を発症してしまって、強烈な痛みを感じるのであれば、整形外科に行くことになります。

 

痛風は、骨であったり関節に炎症が生じてしまっているのですが、本当に痛風なのか、それとも捻挫などによって痛みを感じているのかを判断するために、整形外科を受診しなくてはならないのです。

 

整形外科では、レントゲンなどで骨の状態を確認したり、炎症などを見たりしますから、既に発症しているのであれば、整形外科に行くようにしてください。

 

また、痛風発作による痛みを軽減させるための処方箋というのは、整形外科で処方してもらうことが出来ます。そして、痛みが和らいできたら、代謝内科に受診をするようにしましょう。

 

痛風発作はあくまでも一時的な痛みになっているのですが、それでも尿酸値が高くなってしまっていることに変わりはありません。ですから、代謝内科で、代謝に問題はないかを調べてもらったり、尿酸値を下げるための治療をしていかなくてはなりません。

 

痛風発作が起きる前や起きた後というのは、白血球の数も増えていますし、炎症像も確認できます。痛風発作による痛みがなくなったら、鎮痛剤の服用は中断され、尿酸を分解して排出するための薬を服用するようになります。

 

また、高尿酸血症の治療をしている際に、動脈硬化や糖尿病、腎機能なども調べていくことになります。相当な痛みを伴うのであれば、それだけ強力な鎮痛剤を服用することになります。ただし、作用が強くなるほど、胃腸に大きな負担をかけてしまいますので、胃薬も処方されることになります。

Copyright (C) 2016 痛風に効果のあるサプリとは?おすすめはどれ? All Rights Reserved.