トップページ ≫ 痛風に前兆はあるの?

痛風に前兆はあるの?

一回痛風の症状が出た場合、次からは痛風になる前に、痛風発作が出る予感を感じることが多いとされています。

 

実際に痛風を発症した人の多くが、痛風発作が出る前触れを感じ取っているといわれています。どのような前触れになっているのか、少し抽象的な表現になってしまうことをご了承ください。

 

痛風発作が出てくる数時間前に、以前発作によって痛みを感じていた部位に重さを感じたり、モヤモヤ感が感じられたという人が多いです。そして、実際に数時間後にその部位に痛風発作が出てしまうのです。

 

このような感覚のことをオノマトペといいます。このオノマトペは、テレビなどでも紹介されるようになって来ていますから、聞いたことがある人もいるかもしれません。モヤモヤするなどといった表現を、病院で診察をしてもらうときに説明したりするということが多いですよね。

 

リウマチや関節痛などとは異なっていて、湿度や気温などの変わり目に痛みを感じるようになるというものではありません。

 

ただ、痛風の場合は、時間帯によって痛風発作が起こりやすいというデータがあります。これまでの統計を見てみたところ、AM2時前後に痛風発作が生じてしまっているという人が非常に多いです。

 

睡眠中も、このオノマトペを感じているという人はとても多くなっており、これまでに痛風発作が生じていた箇所に何かしらの違和感を感じています。痛風発作の前触れがあるのであれば、手を施さないのではなく処方されている薬を事前に飲むようにすることで、生じる痛みを軽減させることが出来ます。あとは、発作が実際に生じてしまったら、速やかに病院で措置をしてもらうようにしましょう。

 

現在のところ、痛風を完治させられる治療法というのは見つかっておらず、尿酸値を低下させる薬を普段から服用していく必要があります。

 

もしも痛風発作が生じてしまったのであれば、現在のところ、鎮痛剤を服用して、痛みがなくなるのを待つしかありません。ですので、前触れが起きてしまった場合は、すぐに鎮痛剤を服用しておくことをお勧めします。

Copyright (C) 2016 痛風に効果のあるサプリとは?おすすめはどれ? All Rights Reserved.