トップページ ≫ ボルタレンは痛風に効く?

ボルタレンは痛風に効く?

前触れもなく痛風発作というのはやってくるものです。発作が起きたとしても、1週間ほどで痛みは嘘のようになくなるのですが、自然治癒力によって痛風が治ったというわけではありません。痛みは一時的なものだとしても、適切な治療をしなければ、だんだん早いスパンで痛風発作がやってくることになります。

 

ですので、痛風になってしまったのであれば、少しでも早く病院で治療を受けるようにしなくてはなりません。病院で治療をする場合、薬剤治療が行われることになります。

 

この薬剤治療を行う場合、ステロイド薬剤か非ステロイド系消炎鎮痛剤を用いることになります。病院によっては、コルヒチンといわれる薬剤を用いることもあるのですが、発作前に服用しておけば、痛風発作を未然防ぐことも可能です。ただし、痛風発作が起きてから服用しても鎮痛効果を得ることは出来ません。

 

非ステロイド系消炎鎮痛剤とステロイドの場合、まずは非ステロイド系消炎鎮痛剤から処方されることになります。即効性はないのですが、副作用のリスクを押さえる事が出来ます。

 

非ステロイド系消炎鎮痛剤として、ボルタレンやロキソニンなどといった薬剤があるのですが、かなり痛みを伴う場合は、ロキソニンではなくボルタレンが処方されるでしょう。

 

ボルタレンは、湿布や座薬、錠剤タイプなどがあるのですが、どれくらいジクロフェナクといわれる成分が配合されているのかによって違っています。

 

かなり痛みを伴っているのであれば、より強く作用をもたらす座薬が処方されることが多いです。発症している部位によっては、ローションや湿布などが処方されることもあります。

 

このボルタレンも非ステロイド系消炎鎮痛剤に分類されていますから、ステロイドと比較すると副作用はきつくありません。ただし、全く副作用のリスクがないというわけではなく、湿疹やめまい、食欲不振などといった副作用が出てしまうこともあります。

Copyright (C) 2016 痛風に効果のあるサプリとは?おすすめはどれ? All Rights Reserved.