トップページ ≫ 痛風結石とはなにか

痛風結石とはなにか

痛風というと、関節に炎症が起きてしまって、激痛を感じるという症状は知られているのですが、症状はこれだけではありません。

 

痛風になることで、合併症になってしまうこともあるのです。痛風の合併症というのは色々あるのですが、その中で併発しやすくなるのは、痛風結石といわれるものです。

 

結石というと、膀胱結石や尿路結石が有名だと思うのですが、この尿路結石などが通風などによって引き起こされてしまった場合、痛風結石と呼ばれることになります。

 

では、どうして痛風から膀胱結石や尿路結石になってしまいやすくなるのでしょうか?その原因は、痛風がどのような原因によって引き起こされているのかを知れば理解していただけると思います。尿酸が増えすぎてしまって、尿路塩という結晶ができてしまうことによって痛風の症状が現れます。

 

この尿酸塩は、関節だけに溜まってしまうというものではありません。腎臓にも蓄積されていき、この結晶が大きくなった結果、結石になってしまうのです。どれくらいの大きさの結石になっているかどうかによって、自覚症状が現れるかどうかも違ってきます。

 

結石のサイズが小さいのであれば、尿を排出する時に一緒に排出されます。ですから、特に自覚症状もなく、知らない間に痛風結石になってしまっていて、知らない間に治っているということもあるのです。ですが、結石の大きさが大きいのであれば、尿管に結石が詰まってしまって、相当の痛みを感じるようになります。

 

痛みとして自覚症状が現れた場合、鎮痛剤を投与して、痛みを軽減させつつ、作られた結石を排出させていくことになります。体の外に痛風結石を排出させるための治療法というのは、3つに分かれます。

 

まず自然に痛風結石が排出されるようにするための治療です。結石のサイズが5o以下になっているのであれば、自然に排出されるように治療をしていくことになるでしょう。点滴を投与したり、水分をたくさん摂るようにして、尿が増えるようにしていき、尿と一緒に排出されます。この他にも、尿をアルカリ性にしたり、廃石材を投与して治療をするという方法もあります。

 

次に、体外衝撃波結石粉砕術という治療法もあります。5oを超える大きさの結石の場合、尿道や尿管よりも大きくなるため、排出させることができません。そのため、衝撃波を体に与えて、結石を砕いて、排出させるという方法です。

 

そして、最後に内視鏡手術が挙げられます。以前は、5mm以上の結石の場合は、内視鏡手術がポピュラーでした。現在は体外衝撃波粉砕術が浸透してきているため、あまり治療として行われるケースはありません。ただ、体外衝撃波粉砕術でも、粉砕することができない場合は、内視鏡手術で取り除いていくことになります。

Copyright (C) 2016 痛風に効果のあるサプリとは?おすすめはどれ? All Rights Reserved.