トップページ ≫ 無駄毛のメカニズム

無駄毛のメカニズム

全身に生えている毛というのは女性からすればすごく面倒で要らないものだといってもいいでしょう。。どうしてこのような毛は生えているのでしょうか、ということで考えていきましょう。私たち人間が属しているという哺乳類の毛は、皮膚の一部が変化したものだというように言われています。

 

魚で言うとウロコ、鳥で言うと羽根のようなものだと思ってもいいでしょう。毛というのはそもそも体温の調整をしたり、紫外線などの外敵から皮膚を保護するといった役割があるとされています。

 

また感覚器官のサポート的な働きもするようなのこともあるとされています。ですが、現代を生きる我々は昔の人のように無防備な生活をいているわけではありません。現代を生きる我々と昔の人の大きな違いとして、服を着るようになったということがあるのです。そのためその昔よりも毛の役割というものは必要とされなくなっているのです。

 

昔の人間と比べるとだんだん体毛というものも薄く進化してきているといったようなこともあるようです。毛というものは決して無駄なものではありません。ですが、時代は変わり美肌が美しいとされる現代では女性の場合、ムダ毛がたくさんあると恥ずかしいという感覚になっていることもあります。

 

生まれつき体毛が濃いといった方はコンプレックスとなります。そうした方にとっては大きな悩みとなっているのではないでしょうか。体毛の濃い薄いというものはホルモンの影響といったものが大きく関係があるのです。発毛を促進する皮脂腺や細胞といったものは男性ホルモンの分泌量によって大きく左右されるといっていいでしょう。

 

男性ホルモンの分泌量が多くなっているといったときには毛が太く濃くなります。反対に、男性ホルモンの分泌が少ないと体毛も薄くなります。ですので男性の場合は、男性ホルモンしかないために剛毛な方が多いといってもいいでしょう。

 

ですが、女性の場合は基本的に女性ホルモンなるのですが、男性ホルモンも少し混ざっているのです。男性に比べるとほんの少しの男性ホルモンですが、その少しの量で毛の濃い薄いが左右されるといってもいいでしょう。40代や50代に現れてくるといった更年期障害というのはホルモンバランスが崩れて起こる障害なのです。

 

この更年期障害というのは女性ホルモンが乱れてしまって、減少してしまい、様々な不快な現象を招いてしまいます。こうしたときに女性ホルモンが減ってしまうことによって、元々存在する男性ホルモンの影響を強く受けてしまい毛が濃くなるといったことがあるのです。

 

ホルモンのバランスが乱れてしまうといった原因はたくさんあるといってもいいでしょう。ですが、その多くはストレスであるとされているのです。ストレスをたくさん受けるということによって男性ホルモンが分泌されてしまい、毛が濃く太くなる、といったことになります。また、発毛の周期も乱れてくるとされているのです。

 

男性ホルモンの分泌が増えてしまったからといって全身の毛が濃くなるわけではありません。脚や腕といった箇所にはあまり変化がないのです。そして、ワキやデリケートゾーンの毛が一番影響の出やすい箇所だと言われているのです。

 

逆に顔の産毛や手足の毛といったものはほとんど変化が見られないといってもいいでしょう。ホルモンの分泌量や毛深さというものは個人差がとても大きいものだといってもいいですね。ですので、毛深いから男性ホルモンが多い、というように落ち込んでしまうことで余計にストレスが溜まってしまいます。

 

こうしたことは悪循環となってしまいますので、あまり気にしないことが一番良いといえるでしょう。そうしたときにはきっちりと脱毛していくことで対応するようにしておきましょう。

Copyright (C) 2016 痛風に効果のあるサプリとは?おすすめはどれ? All Rights Reserved.