トップページ ≫ 痛風の発作が出たらお風呂は禁止?

痛風の発作が出たらお風呂は禁止?

痛風発作に最も襲われやすい部位は、足の親指の付け根とされています。この足の親指の付け根に痛風発作が発生した場合、あまりの激痛に歩くことも動かすことも難しくなります。靴を履くこともできません。病院を受診することさえ、ある程度発作の痛みが消えるまでは困難でしょう。

 

多くの場合、2〜3日経つと徐々に痛みが引いていき、痛風発作は治まり始めます。しかし、発作から2〜3日は動くことさえままなりません。外出も難しい状態といえます。そのため、自宅で痛みを緩和する方法がないものだろうかと考える方も多いでしょう。

 

その際、真っ先に考えつくものとして入浴があるのではないかと思います。慢性の関節リウマチなどの場合、入浴が関節痛の緩和方法として有効なことがあります。入浴によって患部を温めることで、症状の緩和が期待できます。では、痛風発作の場合も同じ方法が有効なのでしょうか。

 

答えはNOです。痛風発作が起きた場合、決して入浴してはいけません。入浴した場合、痛風発作の症状はほぼ100%の確率で悪化してしまいます。

 

そもそも、体内の尿酸値が上がったことにより、痛風発作は引き起こされます。血液中に溶けきれなくなるほど尿酸が過剰になり、それが関節内へ蓄積されて結晶化します。そして、その結晶が剥がれ落ちることで関節炎が起きているのです。

 

つまり、痛風発作の原因は尿酸値の上昇と言うことができます。入浴するときに体にどんな変化が起きているのか、思い出してください。誰でも入浴すると汗をかきます。

 

汗をかくことで水分が対外に排出され、体内の水分量は減少します。その際、血液の水分も少なくなります。すると、相対的に血液中の尿酸値が上がった状態になってしまいます。痛風発作は、尿酸値が上がることによって悪化します。また、患部を温めることは痛みを増強する働きがあります。

 

さらに、入浴して患部のマッサージを試みることもあるかもしれませんが、マッサージは逆効果です。痛風発作時の対応は、安静にしていることが基本です。マッサージによって刺激を与えることは避けましょう。

 

以上の点から、痛風の発作が起きたときは入浴はせず、ぬるめのシャワーを浴びるだけにしてください。その上で安静にしていましょう。

 

ただし、入浴を避けるべきなのは痛風発作時のみです。痛風発作が治まり、尿酸値のコントロールをしている時期は問題ありません。むしろ、入浴することで尿酸の排泄が促進されます。血行が良くなり、尿量が増加されるからです。とはいえ、痛風発作の後、いつからの入浴なら問題ないかは、必ず医師に確認してください。

Copyright (C) 2016 痛風に効果のあるサプリとは?おすすめはどれ? All Rights Reserved.