痛風サプリとはどんなの?

 

痛風の初期症状

 

痛風を発症した場合、初期症状として強い痛みを感じることになります。人によって、どの部位に強い痛みを感じるのかは違っていますが、痛風を発症した人の7割程度の人は、足の親指に激痛を感じています。

 

人によって、いつ痛みを感じるのかは違っているのですが、AM2時前後に痛みを感じたという人が多いです。寝ているときに急に激しい痛みを感じて飛び起きたという事例は少なくありません。

 

痛風の痛みによる初期症状というのは、突然現れるのですが、痛風の原因である尿酸値の高さは、数年前から起きてしまっていたというケースはとても多いです。

 

健康診断を受けると、尿酸値も測定されるのですが、この尿酸値の数値が高くなってしまっていると医師にいわれたことがある人も多いのではないでしょうか?

 

尿酸値が高いといわれたときに、ちゃんと改善するように治療をしておけば、痛風を避けることも出来ていたかもしれません。

 

痛風は、骨を折るよりも強い痛みを感じるといわれているのですが、永続的に痛みが続いてしまうというわけではありません。大体の場合は、1週間ほどで痛みはなくなり、もう治療をしなくてもいいだろうと思ってしまっている人が多いです。

 

これによって、尿酸値がいつまで経っても高いままになってしまい、再び激しい痛みを感じるようになってしまうのです。一度痛風の痛みを感じるようになると、痛みを感じるまでのスパンが短くなっていき、定期的に痛風発作を引き起こしてしまいます。痛風による痛みが何度もやってくると、他の部位まで同時に痛みを感じるようになってしまうということもあるのです。さらに、痛風によって腎障害を発症してしまうこともあります。

 

尿酸値が高いと、高尿酸血症や尿酸結晶によって腎臓に大きく負荷をかけてしまい、腎不全になってしまうこともあります。そうなってしまうと、腎臓の働きを失ってしまうことになりますから、血液透析をしなくては生きていくことは出来なくなってしまいます。

 

高尿酸血症というのは、生活習慣や普段食べている食事によって、プリン体を大量に取り込んでしまったことが原因になっているケースが多いです。ですから、既に痛風になってしまった場合も、まだ痛風になっていない場合も、生活習慣を見直していく必要があるでしょう。

 

痛風に良い食べ物、悪い食べ物

 

痛風の主な治療方法としては、食事療法があげられます。それからわかるように、食事は非常に痛風と関連性が高いです。痛風が発症したり悪化したりといったことは、多くの場合、食習慣によって起こりますし、逆に、痛風の改善も食習慣によって期待できます

 

では、痛風にとって悪い食べ物と良い食べ物とはどんなものでしょうか。いくつか具体的をあげてみます。まず、痛風に悪影響を与える食べ物を見てみましょう。

 

そもそも、痛風は過剰な尿酸によって引き起こされる病気です。プリン体が体内で尿酸に変化すると、体内の尿酸量は増加します。ある程度まで増加すると、尿酸は血液中に溶けきれなくなり、結晶化します。そして、その結晶は関節周囲に沈着します。

 

この沈着した結晶が関節内に剥がれ落ちるとき、炎症が起きます。その際に発生する激しい痛みが、痛風発作時の激痛なのです。このように、痛風の原因物質はプリン体であるといえます。プリン体は体内でも発生するものですが、食品によって体内に取り込むことも当然あります。痛風対策という点から見て避けるべき悪い食べ物とは、プリン体を多く含む食品のことになります。

 

レバー類、白子、あん肝、カツオ、エビ、タラバガニ、スルメイカ、明太子などが、プリン体を多く含む食べ物の代表です。

 

家庭料理で頻繁に出てくるような食品はあまりありません。1回の食事で口にする量も、大抵の場合はそれほど多くないでしょう。ただし、珍味が好きで上記の食品を頻繁に食べるような方や、外食の機会が多い方は十分に気を付けてください。

 

また、痛風の大敵といわれて多くの方が真っ先に思い浮かべるのは、ビールではないでしょうか。確かにビールのプリン体含有量は、アルコール類の中では高いです。しかし、上述のレバーのような食品と比べれば、そこまで多くプリン体を含んでいるわけではありません。

 

では、なぜビールは痛風に良くないと言われるのでしょう。まず、1回の摂取量が多いことが理由としてあげられます。他に、肝臓や腎臓には尿酸の排出を助ける働きがあるのですが、ビールはこの肝臓や腎臓を疲弊させ、その機能を低下させるという理由もあります。

 

毎日ビール大瓶1本飲む方とビールを飲む習慣がない方とで痛風にかかるリスクを比べた場合、その差は2倍もあります。ここで逆に、痛風に良い食べ物を見てみましょう。

 

痛風に良い食べ物の条件は、当然ながらプリン体の含有量が低いこと、また、尿酸値を下げる効果があることです。例としてあげられる食品は、プリン体の含有量が低く、かつ、アルカリ性のものです。大根やごぼうといった根菜類、ジャガイモやサツマイモといったイモ類、かぼちゃやほうれん草といった緑黄色野菜、ひじきやワカメといった海藻類がそれに当たります。

 

なぜアルカリ性の食品が良いかというと、これらの食品を食べると、尿がアルカリ化されるからです。アルカリ化されると尿酸は溶けやすくなります。それが尿酸排出の助けになります。最近は痛風に良いサプリも販売されていますのでそちらを利用するのもありですね!参考:痛風サプリメント

 

高尿酸血症をの兆候があるという結果が出た方は、早めに痛風予防を行いましょう。痛風発作が起こってしまうと、発作の激痛を経験しなくてはならなくなります。それよりも先に、自分の食生活を一度じっくりと見直してみましょう。痛風に悪い食べ物を食べることはできるだけ少なくし、逆に痛風に対して良い食べ物を率先して食べることが大切です。

 

痛風は男性だけじゃなく女性もなるの?

 

痛風は男性特有の病気、思っている方も多いのではないでしょうか。確かに、痛風患者の圧倒的多数は男性です。患者さんの実に98%以上が男性というデータもあります。

 

とはいえ、痛風は男性のみの病気ではありません。必ずしも「女性は痛風にならない」「女性だから痛風とは無縁」とはいえないのです。数は少ないですが、女性も痛風になる場合があります。そのため、女性にも注意が必要です。

 

実際、欧米においての痛風の男女比は3.5対1というデータがあります。日本に比べると男女差が少ないのです。また、日本でも最近は女性の痛風患者も増加傾向にあります。

 

しかし、男性と比べた場合、やはり女性は痛風になりにくいといえます。その理由の1つは女性ホルモンです。女性ホルモンが痛風予防に果たす役割は大きいとされています。

 

痛風の原因は、体内に尿酸が蓄積することにあります。しかし、女性ホルモンのエストロゲンには、この尿酸を尿中に排泄する手助けをするという働きがあります。そのため、女性は男性に比べ、体内に尿酸が蓄積しにくくなります。

 

男女で尿酸の平均値を比べたデータの1つでは、女性の平均値は男性より1.5mg/dl低いという結果が出ています。ただし、このエストロゲンも更年期以降は分泌が減少します。そのため、女性も尿酸が蓄積しやすくなるという状態になります。

 

また他に、食習慣も女性が痛風になりにくい理由の1つとされています。体内で尿酸を作り出す原因となる食物には、アルコールや、あん肝、エビ、カニ、牛肉などがあります。女性は男性よりアルコール摂取量が少なく、また、上記のようないわゆる「宴会食」を食べる機会も少ないからです。

 

しかし、近年はこの傾向も崩れつつあります。女性の社会進出や食生活の欧米化などを背景として、痛風を発症する女性は増加しています。エストロゲンが働いて尿酸を体外に排出しやすいメカニズムを持つ女性であっても、排泄が追いつかずに体内に尿酸が溜まり、痛風につながってしまうことが多くなっているのです。

 

今後は女性も「女性は痛風にならない」と安心せず、「女性でも痛風になる可能性がある」と認識する必要があります。そう認識することで、痛風対策を日常的に行うこともできるのではないでしょうか。具体的には、アルコール類やプリン体を多く含む食品を控える、野菜や果物類を積極的に食べる、運動をして肥満を予防する、といったものです。

 

特に注意が必要なのは、男性と同じくらい尿酸が溜まりやすい状態になっている、更年期以降でアルコール類が好きな女性です。意識的に痛風対策に取り組んでいきましょう。

痛風じゃない偽痛風もあるからね!

偽痛風」という痛風と似ている病気があります。痛風は体内で生産される尿酸の値が上がり、結晶化して関節の周りに溜まって関節炎を引き起こすのに対し、偽痛風はピロリン酸カルシウムが関節の周りに溜まって関節炎を引き起こします。どちらも関節の周りに溜まるということは同じですが、原因の物質が違います。

 

症状としては、痛風発作は「骨折よりも痛い」「風が吹いただけで痛い」と言われるほどの激しい痛みです。比べて偽痛風の痛みは軽いものと言われています。また偽痛風の特徴として関節炎の他、発熱、体重の減少が見られることがあります。

 

関節炎が起こる部位は、痛風は全体の70%が足の親指の付け根であり、偽痛風の50%以上が膝関節です。原因と治療法として、痛風は痛みを和らげる治療と尿酸値を下げる治療を食生活や生活習慣の見直しと共に行います。

 

参考:http://xn--vckvb3bzb4b1c8506aliuup3i.com/

 

対して偽痛風は生活習慣と関連はなく、遺伝的要素や副甲状腺機能亢進症が誘因となっています。症状が慢性化すると外科的処置が必要となってくることがあります。

 

痛風になるのは約90%が男性です。近年では女性も増えてきています。男性は40〜50代に多く見られ、女性では30代でかかる人もいるようです。偽痛風にかかる人の性別の差はあまりなく、年齢では60代以上の高齢者に多く見られます。

 

 

痛風と偽痛風は、よく似た症状で、一見するとどちらの病気なのか判断できません。しかしよく比べてみるとそれぞれの特徴や違いが見えてきます。どちらの病気であっても、病院でのきちんとした診断を受け適切な治療を行っていくことが最も大切です。

 

トンカットアリで精力を高めることができる

 

トンカットアリというのは植物ですが、最近、これによって精力が高まる効果があると言われています。昔から有名な精力を高めるのに効果的なのはマカですが、それと似ています。ちなみにトンカットアリもマカも南方産の植物になっており、滋養強壮や精力アップに期待ができます。

 

トンカットアリの具体的な効果としては疲労回復、滋養強壮、集中力向上、血行改善、代謝向上、男性ホルモンの分泌促進、精子の運動率向上があります。ですのでEDで悩んでいるという方、また男性が妊活のために精子量や質を改善したいという場合は非常に効果的ですので是非試してみてください。

 

特徴としては必要不可欠な五大栄養素がバランスよく配合されており、南国産の根菜類は濃縮度も高いので精力を高めることはもちろんのこと、それ以外の身体にとって良い効果を発揮することが出来るはずです。

 

ちなみにトンカットアリが配合されている健康食品やサプリメントというのはどんどん種類が増えてきているのですが、知名度としてはあまりないのでなかなかこれが含まれているということを前面に出していない場合があります。こちらを参考に⇒男性不妊サプリ比較ガイド

 

もし精力を高めたいという場合に、トンカットアリが含まれているものを探す場合はしっかりと成分表示を確認して含まれているかどうかを確認するようにしましょう。もちろん、即効性があるわけではありませんので、継続して摂取して効果を実感するということが非常に大事なことになります。

 

 

更新履歴

Copyright (C) 2016 痛風に効果のあるサプリとは?おすすめはどれ? All Rights Reserved.